ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

忌野 清志郎 "WANTED" TOUR 渋谷公会堂

清志郎のLIVEに行ってきました。今日、忌野 清志郎のLIVEツアー "WANTED" の千秋楽 渋谷公会堂に行ってきました。うん、もう一回言ってみよう。忌野 清志郎のLIVEに行ってきました。え? うん。そうそう。忌野 清志郎のLIVEに行ってきたんだよ(もういいだろ

ALFEEのライヴさえもう1年近く行ってなかったんで、本当に久しぶりのライヴでした。久しぶりすぎて入り口でカメラチェックとかあるの忘れてた。

席は鬼良くなかったです。普通に自力で取ったんだけど。2階席の後ろから3列目、の端の方。しかしまぁ、渋公は武道館とかに比べたら全然小さいしステージは思ったより良く見えた。チケット取ったの後の方だったしね。発売してから数日後にサイト見たらまだ完売してなくて、おい!と思って取ったのです。抽選なら関係ないかもしれないけど。清志郎、渋公を即日完売にできないのか……。なんかすごい寂しい。忌野清志郎っつったら超グレートミュージシャンじゃん。最終的には完売したらしいけど。

結論から言うと、本当に良かった。実は清志郎のライヴ行くの初だったのですが、いやー、これはやはりライヴ行く甲斐がありますよ。カコイイ。声いいねー。どーしてあんないい声がでるんだろう。本当に清志郎惚れ直します。高見沢はバカかわいい萌えだけど、清志郎は素直にカッコいい。見上げてしまう。尊敬する。憧れる。

小道具が本当に沢山使われてて面白かった。桜吹雪系だのクラッカー系だのスプレーだの。そんな小道具をライヴ中ステージにホイホイ投げる係の人がいるのね。面白いシステムだ。思ったよりステージ手が込んでた。もっと音楽直球勝負なのかと思ったら。やっぱり楽しまなきゃね。

千秋楽だしもう後もないんでガツガツ書きます。セットリストメモしとけば良かったなぁ。結構知ってる曲が多かった。というか、RCの曲をいっぱいやってびっくりした。もっと最近のをいっぱいやるんだと思ってたから。まぁ『KING』はもちろん全部やったんだけど。

『KING』の曲。「胸が張り裂けそう」が良い。トーク(?) みたいのも含めて。「モグラマン」がライヴで聴いたらすごいカッコ良くてびっくりした。CDで聴いたときは普通の曲だったのに。ステージでも清志郎がドラム叩いてた。「Baby何もかも」はライヴ映えする曲。「奇妙な世界」はCDの方がいいかな。最初で三宅→清志郎にかわる瞬間は好きだけど。ハモとか。

RC時代の曲。嬉しかったのが「Oh! Baby」と「君が僕を知ってる」と……、あー、思い出せない。RCじゃないけどソロで出した「君にだけわかる言葉」という歌がすごい好きなのだが、これをやってた気がする。が、思い出せない。ダメだ、自分。あとは「シュー」がすごい速くなっててカッコ良かった。

初めて聴いた曲では「明日なき世界」がすんごい良かった。家帰って記憶に残る歌詞の断片から速攻調べちゃったよ。清志郎はなんだかんだ言ってラブソングが最強だと思ってたんだけど、やっぱしメッセージソングもカッコいいね。この曲自体は清志郎の曲じゃないらしいけど。洋楽のカバーだって。元々は高石友也が訳して歌ってたらしい。へー。RC時代の『COVERS』って清志郎邦訳洋楽カバー曲ばっかり入ったアルバム(ALFEEにもこういうアルバム作って欲しい。彼らは英詩のまま歌うだろうけど)の1曲だってさ。手に入れなきゃ。この曲で清志郎フルート吹いててカッコ良かった。

パンフは面白かったけどあれで、2,500円は高い。ペラペラだし。ALFEEのパンフは良心的で質も良いから良いよね。Aのそういうところは好きだよ。

また清志郎ライヴ行きたいけど、次いつやるんだろう? こういうこと考えるとALFEEの毎年年2ツアーはすごいね。次のALFEEのツアーはチケット取りするよ。取れるかは別としても。清志郎のライヴ行ったらALFEEのライヴも行きたくなってきた。清志郎もサイトもっとマメにチェックしよっと。

きよタン LOVE♥ Respect KIYOSHIRO. KING of R&R!

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。