ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

拡張子省略

より永続的なURIを目指して!! か知らんが、リンクする時、リンク先のファイルの拡張子まで含めて指定するのを辞めました。具体的に言うと、 <a href="hoge/hoge.html"> と、書いていたのを、 <a href="hoge/hoge"> と、書く。

うん、管理が楽だ。

ヴォルフロ的に一番楽なところは、ウチのサイトはたまーにSSIを使っているために、拡張子 ".html" と ".shtml" が混在している。その区別がなくなったのが楽だ。まぁもちろん、それぞれのファイルには拡張子が付いてるからそれは区別せなならんのだけど、今後.htmlだったページが.shtmlになったときとか。リンク変えずに済むし。ブックマークしてる人もNot Foundにならずに済むし。それこそ永続的なURIの思想だ。

それに実際、前に画像をGIFからPNGに全部変えた時imgsrcを全部変えていくのは楽しいけれど鬼めんどかった。

しかし、どう考えてもこっちの方が便利だし、W3Cも神崎氏も推薦してるのに(W3Cが明文化して推薦してるかは知らんが)、一般的には拡張子まで含めて指定するのが不思議だ。なんでそうするんだろう? 理由があるのではないか? サーバによっては拡張子まで書いてないと探してくれないことがあるとか、拡張子を省くとサーバに負担がかかるとか、本当は省略しちゃいけないとか。でも、W3Cのサイト見ても拡張子書いてないし……。

と、調べてみたら、サーバの設定によっては出来ないことがあるらしい。でもだからって……。

まぁしかし、自分でも管理楽だし、なんかURLも拡張子ない方が見栄えがいいので(?)、ひとまずこれでいってみることにします。そのうち画像の拡張子も指定すんの辞めよっと。なんか今は画像の拡張子を省略するのは怖くて出来ない。何故かは分からんが。

ちなみにこの辺のことは神崎氏が氏のサイトの中でクールなURIは変わらないとして書いています。参考までに。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。