ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

『ユニバーサル HTML/XHTML』

→ amazon:「ユニバーサル HTML/XHTML」/ 神崎 正英

半年くらいweb制作にブランクがあったので、初心にかえって久しぶりに神崎氏の『ユニバーサル HTML/XHTML』を読む。流石。楽しい。そして初心にかえれる。

web制作における愛読書は超定番ながら岡蔵 龍一氏の『詳解HTML&スタイルシート辞典』とこの『ユニバーサル HTML/XHTML』なのです。しかし、岡蔵氏のはあくまで "辞典" であり、読み物ではない。それに、内容の割に大きすぎるのではないかなどと思う。もうすこしシェイプアップして欲しい。リファレンスには良い。対して、この『ユニバーサル HTML/XHTML』はweb制作指南書として十分な性格を持っている。教科書として最適だ。

なにがしたいのかというと、この本をサイト制作をしている全ての人に薦めたいのである。押し付け。特に独学でタグ打ちしてる人、一度は読む価値がある。web制作の基本が正しく分かりやすく書いてある。読み物としても十分。別にStrictにしろとかではなく。そうするか否かはこれを読んでから決めれば良い。別にしなくてもよい。メインの内容としてはやはりHTMLは文章構造に徹して修飾はCSSで云々……て感じなのですが、それ抜きにしても良いです。web制作プランの進め方やユーザビリティについての記述もあります。今まで自分が持って知識のどれが間違っていて、どれが正しいかをみわけられる(この本の100%が正しい訳ではもちろんないが)

これ読むとすごいサイトの構成とか考え直したくなる。web制作に向けて無駄にやる気が出ます。とにかく絶対ためになると自信を持って言える本です。

ちなみに、いつも思うのだがヴォルフロの一番の欠点は内容がないことじゃないかと思う。致命的だけど。いくらユーザビリティだStrict HTMLだと頑張ったところで提供する情報がスカスカなのだから救いようがない。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。