ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

Panther -2

昨日の続き。まだまだ続くPantherレビュー。

Finder

[キャプチャ画像:Finderウィンドウ]
Finderウィンドウ (80%)

一番見た目もシステムも変わったところ。Pantherの目玉。使い勝手はスゴくいいです。前回のFinderはある意味OS9から抜けきれてなくて中途半端だったのでこの位の方が良い。Finderのサイドバーに好きなフォルダを登録できるのがすごく良い。これでDockはアプリケーション系に特化できる。

それにこれもまた細かい話なんだけど、例えばサイドバーに登録したフォルダをカラムで開いたときに、そのサイドバーに登録されてるフォルダよりも上の階層にはカラムが移動しないのが便利。前まではそれが結構使いにくかった。ローカルのヴォルフロ内を移動してるときはすごく助かります。

逆に、フォルダの表示方法(カラムかアイコンかリストか)で直前のフォルダのが継承されちゃうのは使いにくい。Homeはアイコン表示がいいけど、書類系はリスト表示にしたい。いちいち直すのはちょっと手間です。

メタル調なアピアランスももちろん好き。ちょうどAquaに飽きてきてiTunesとかSafariとかのメタルモノに惹かれてた頃なんで、まさにgood タイミング。

記念(?)にCocoMonerのアピアランスをMetal化しました。すごいエレガント。2ch見てる気がしないw。

フォルダアイコンは残念ながら前回のまま。私はあまり好きではないのでRAD.E8のSNOW.Eに変えてます。SNOW.E ラヴ。

Fast User Switching

私にとってはスゴく便利で、待ってましたの機能。個人使用のPowerBookなんて別にユーザ切り替え重要じゃないだろと思うかもしれませんが、外でPowerBookをパチパチやってると、知り合いに「ちょっと使わせて」とかたまに言われるんです。んで、それ用に自分とは別に "Guest" ってアカウントを作ってはあったんですが、なんせ切り替えがめんどくさい。改めて立ち上げるときはGuestを使わせても、ちょっと貸すだけのときは結局自分ののままとかで。いや、別にいいっちゃいいんだけど、Bookmarkとか履歴とかはやっぱり見られてよい気分ではないものです。アレ(どれ?)なモノが混ざってたりするかもしれないし。んな感じで地味に使える機能。

Font Book

[キャプチャ画像:Font Book アイコン]
Font Book icon

けっこう楽しみにしてたのにまだ全然いじってないアプリケーション。でも絶対便利だと思う。さすがユーザーにデザイナーが多いOS。と、いうかそのデザイナーがなかなかOSXに移らないのの対策としてのFont Bookだろうか? まぁ、これで気兼ねなくフォントをDLできる。それにしてもなんで例文が宮沢賢治なんだろう?

アプリケーションアイコンはスゴいかわいいと思う。その名の通りだ。秀逸。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。