ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

模様替え -3

最初せっかくだからとXHTML1.1で書いてたんだけど、langは使えないわ、application/xhtml+xmlで送らなくちゃいけないのに送れないわ、途中でヤになっちゃってXHTML1.0 Strictに戻しちゃいました。langはxml:langでいいじゃん、なんて思ってる通りすがりのストリクターさん、いや、ダメなんすよ。langは言語を指定する以上に、MacIEで欧文フォントを適応させるという偉大な使命があるのです。xml:langさんには、残念ながらそれができない。いっそのことHTML 4.01にまで戻すか。xml宣言もMSのおかげでしたいのにできないし。HTML 4.01 Strictなら全てが合法的に(?)使えるのに。

そもそもHTMLからXHTMLにした理由が、「空要素を閉じる " />" がなんかカッコイイから」とか言ってるようなヤツなんでダメです。XSLTとか全然わかってないから。名前空間とかなに?って感じ。

BBSにあった憎き空divが無くなりました。やたー。頑張った自分。これでカンペキ空div撲滅です。なんだ、空divなしでもこのレイアウトって保てるんじゃん。MSIEがcontentプロパティ対応するまでは仕方なく空divね、なんて思ってたのに。こんなことならさっさとやればよかった。かなりムリしたCSSは書いてますが。まぁ元々ヴォルフロのCSSはムリが多いです。だから後方互換に欠けるのかもね。

BBSだけShift_JISなんだよねぇ。jcode.plがUnicodeサポートしてないから。なんかUnicode対応してるヤツもあるらしいんだけど、それ使いたいならapeboard使わないで自分でスクリプト書かなきゃ。Unicode抜かしても付けたい機能いろいろあるから(逆にいらない機能は消したいし)自分でスクリプト書きたいんだけどねぇ。ParlどころかJavaScriptも満足に書けないくせに、「PHPって便利そうだなぁ」とか思ってるようなヤツなんで全然ダメです。口ばっかり。

実はこのTEXTだってCGI化(もしくはPHP化)したいと思ってる。

対応ブラウザにOperaとSafariが加わった気がします。「気がします」ってのは、Operaはちょいと自信がないから…。Safariは自信満々です。IEにかわってこれからのMacintosh標準ブラウザをになうSafari(そうであると信じています)には、マカーとしては是非。期待の星なのだよ、Safariは。美しく簡潔なインターフェイス、滑らかなアンチエイリアスフォント。今のところ一番かってるブラウザだよ。.Macと連携したBookmarkのiSyncも便利だし。Safari最高。

これでやっと作りかけのコンテンツ制作を再開できます。ALFEEモノです。少しはALFEEファンサイトらしくしなくちゃね。今はレイアウトばっかしで本末転倒になっている。

まぁ、趣味サイトってのはそーゆーもんです。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。