ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

PS2『KINGDOM HEARTS』

→amazon「KINGDOM HEARTS」

今更ですがPS2買いました。で、今更ですが前からやりたかった『キングダム・ハーツ』をGET。ちょうど買ったときに50%位セールしてて、なんと新品が3,000円代で買えました。すごい。安い。だが、その後ついついアルテマニア(完全攻略本)も買ってしまって、それが1,900円だったのですが、ソフト本体の値段を思うとわけないなって感じもする。

で、感想なんですが、大絶讃。ディズニーのやらしさもあんまし感じることがなく(ロゴで必ずディズニーが先に出る辺りとかは流石と思ったが)、 特に剣を振ってコンボを決めて、敵がマニーやライフボールになってそれをドローで吸い込んでいくさまは爽快以外の何者でもありません。

改めて気付いたのですが、私が一番好きなゲームジャンルはアクションRPGなのです。ただのRPGじゃなくて、シミュレーションでもなくて、アクションRPG。スクウェアのSFCソフト『聖剣伝説』が元々すごく好きで。今まで本気でやりこんだゲーム(レベルを99まで上げたり、レアアイテムコンプをしたり)ってそんな数ないのですが、その少ないやり込んだ作品が『聖剣伝説II』と『FINAL FANTASY VI』です。で、今回3つ目になる『キングダム・ハーツ』。私はかなりスクウェアファンなので上記3つは全てスクウェア作品なのですが、ポイントはそこじゃなくてそのうちの2つがアクションRPGなこと。やっぱし好きなのよ。実質的に『キングダム・ハーツ』は『聖剣伝説』シリーズの後継作品だと思ってます。FFの映画の様に美しいCGの大人びたシリアスな話もいいけど、スクウェアの出すこの爽快なアクションRPGはそれに代え難い何かがある。

けど実は、キングダムハーツやり始めて、ゲームイントロで操作説明を聞くまでこのゲームはRPGだと思ってました。だって、画面とか見ても「たたかう」とか「アイテム」とか書いたリストが左下にあるし、まさかアクションRPGだとは思いもしなかった。操作説明でジャンプの仕方の説明をされても、「RPGのくせにジャンプできるのか、自由度が高いな」とか思ってたし。本当に剣を振るまで気付きませんでした。

最初、こういう企画モノは1回でキレイに終わらせるもんだろと思ってて、いや、今でも思ってるのですが、それでも2が出るならやりたい!と心の隅で思ってしまう。ディズニー嫌いの私に、2にNIGHTMAREが出ないだろうと分かっていてもここまで思わせるのですからかなりのもんです。ビバ、『キングダム・ハーツ』。ラブ、スクウェア。そう、スクウェア・エニックスじゃなくて、スクウェアが好きなのです。

久しぶりにゲーマーの血が騒いでます。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。