ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

XHTML Strict 啓蒙

多分ALFEEファンサイトでここまでHTMLオタというかストリクター(これ、自分に使うには恥ずかしすぎる)なのはウチのサイトだけだと思うのですが…。けっこう孤独です。もしALFEEサイトでヴォルフロ以外にHTMLオタなサイトを知ってる人がいたらこっそり私に教えると、その人は良いことがあると思う。または、ALFEEファンサイトをお持ちの方は自分のサイトをStrictに仕上げると、その人にも幸福が訪れると思う。幸福、例えばアクセス数が減ったり…(ダメじゃん)。いや、実際減るよ、あんた。

でもそもそも私がStrict HTML + CSSに目覚めたのって、単に「もっと細かいレイアウトがしたいから」ってだけなんです。CSSだとややこしいテーブルを組むことなく1px単位で各要素の配置ができる。CSSの長所を存分に生かそうと思ったらHTMLもStrictにしなければならない。そんだけ。それに細かいところが気になるA型気質と元々HTMLのリファレンスに使ってたのが大藤 幹氏(岡蔵 龍一)の辞典だったから、と。PageMillを辞めた時期とStrict HTMLの思想が広まってきた時期が重なったってのもあるかもしれない。

現在でもだっっっっさいCSS啓蒙サイトがたくさんありますが、普通の人、あんなの見て本気でCSSやりたいなんて思わないよ。とても読む気のなくなる旧仮名遣いとレイアウトで、ユーザビリティを叫ばれてもねぇ…。

CSSを切ってStrictHTMLを読むことは、舞台を見るのに台本だけを読むのに似てる…、気がする。

まぁウチのサイトも思いっきり古いブラウザ使ってる人になんの考慮もしてないわけですが(「CSS切ったら?」って言う程度)Windows IEのみで確認をしておりますので、他のブラウザでのレイアウトは保証しません。とか言ってるサイトより数倍イイ(と少なくても私は思う)わけで。ブラウザ指定はまだ許す。OSを指定するなよ「Macはどうなるんだ、ぁあん??」と、マイノリティーなひねくれマカーは思ってしまうのです。

実際、「Netscape対応」だの「Safari対応」だの言ってみても、ビジターの9割9分9厘はIE使いだという哀しい現実が横たわっているだけなので。たまに「お、Netscape 5.xか」とか思ったら自分だし

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。