ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

ブラウザコレクター

近頃webブラウザオタ度が高まってきています。そもそも自分のサイトを色々な環境でチェックするためにインストールされたブラウザ達。もちろん今もそのために多くのブラウザを使っているのですが、なんかむしろブラウザそのものに興味が移ってます。本末転倒。「このブラウザはどんな機能があるのかしら、どれだけCSSやHTMLに対応しているのかしら」と。そんなこんなで集まったブラウザ。昔はヴァージョン上げたら迷わず昔のはゴミ箱("ごみ箱" ではない)行きだったのに、今じゃそれも取っておく始末。ひとまず現時点でMacに入っているブラウザを以下に晒してみます。

メインで使ってるiMac indigo(OS 9.2)に入ってるのがコレ。

で、サブの使ってるiMac CLT(OS X)に入ってるのがコレ。

両方ともIE、Netscape、Operaの3大ブラウザを軸にわらわらと集まってます。どちらかというとメインMacは動作チェック用、CLTの方はOS X専用のブラウザをインストールする用でしょうか? こんなに入れてどうするんだろう。メインマクの方、Netscapeが3つも入ってるのが我ながら笑える。

メインブラウザはやっぱり一応IE5.1なんだけど、最近はMozilla系もかなり使ってます。OS9ならNetscape7.0だし、OSXならChimra。まぁ、基本的にはヴォルフロいじってるときはIE5.1とNetscape系、Operaと1つずつみんな立ち上がってるんだけどね。あとテキストブラウザのWannaBeも面白いからたまに見てまわる。

こんなにブラウザを集めても越えられないのがOSの壁。特にWinIEはMacIEと同等のヴァージョンでもかなり挙動が違います。しかも一番ユーザーが多い。一番W3Cに準じない勝手な動きをする。一番ブラウザチェックをしたいのはこれなのに…。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。