ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

アリスのティーパーティー

北陸製菓から発売の海洋堂アリスフィギュア第2弾。第1弾はフルタから出たのに第2弾は北陸製菓です。フルタと海洋堂の間に何があったのか? チョコエッグも引っ越したしね。

で、何が恐いってコンプするまでに買った箱の数が10個よ。9種類あるのに。ダブり1回。絶対運つかっちゃってる。ちらりと確立計算してみたんだけど、10箱でコンプする確立は
 9!x9x8/9^10 = 0.007493...
百分率にして0.75%、つまり1%切ってるのよ(式があってたらね/笑)。133人に1人の強運。しかも、コンプした日にふと違う目的でフィギュア屋覗いたら、シークレットの「消えるチェシャ猫」が980円で売ってて、ノーマル揃えるの安く上がったし、これも何かの記念だと思って買っちゃったよ。これで正真正銘コンプ。ノーマルだけでも自力で全部集めたのは久しぶりだよ。かなり幸せ。

第2弾で一番可愛いのは薔薇の花を塗るトランプ。コレが一番。フルタも同じ構図出してたけど全然ね。あとサンドイッチ持ってきたウサギとかも可愛いなぁ。アリスには何故かあんましときめかない。いいとは思うんだけどね。動物とかの方がいい。まぁ基本的に海洋堂さんのアリスフィギュアは全てよくできていて良いです。

今回、食玩のオマケ(食玩がオマケ?)のくせにクッキーが美味しい。さっさと揃っちゃって嬉しいけど、あのクッキーがもう食べられないかと思うと残念だ。前回の紅茶アメは本当にどうでもいいオマケだったのに。

しかし、海洋堂アリスはチェシャ猫が好きだなぁ。第1弾発売前にPARCOで売った限定版3色チェシャ猫も合わせたら計6パターンだよ。アリスにはるね。いくら主要キャラとはいえウサギより多いのはどうかと…。開発にチェシャ猫好きが紛れ込んでたのか? 私はチェシャ猫どうでもいいんだけど…。

第3弾は出るのでしょうか? さすがにキャラクターは出尽くしてしまったかな? しかし、フルタの第2弾を思えば(笑)まだ作れる気がする。期待しないで待っていよう。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。