ヴォルフロッシュ

2002年>11月

独自エンジンで動いてるいわゆるブログ

RSS

『アーシアン』完結版 -2

→ amazon.co.jp

このTEXTは昨日の『アーシアン』完結版 -1の続き。長くなったんで2つに分けてます。1を先に読んだ方が多分良い。

『Seclet Garden』のこと。最近の高河 ゆんは本当に絵がダメだダメだと思ってたんだけど、私の愛する "高河 ゆん" は健在でした。上手いっす。好み絵。線に強弱をすごくつけるようになったねぇ。こっちの方が好きだ。特に、このラファエルはカッコイイねぇ。元のイメージのままで、更に絵は洗練されてキレイに。ミカエルはやっぱり目がちょっと大きいんじゃないか感があるけど、彼らが若かった頃の話だということを思えば許容範囲。もう少し縦巻きがキツい方がミカエルらしいかなぁ。ルシフェルはやっぱり今のゆんキャラだ。ちょっと雑というか線の量を抜きすぎな気が…。でもまぁキャラとしては、掘り下げが足りない気もするけど嫌いじゃない。てことでこの話に関して、私はがんとしてラファエルを推したい。性格も含めて。 振り向いてやれよ、ミカ、可哀想に。入学式でミカエルとラファエルがすれ違うシーンの絵が好きです。頭のラファエル邸にルシフェルが入ってくるシーンも。どーせなら別巻の方の表紙はちはや&影艶じゃなくて、ミカ&ラファの方が良かった。

内容のは、面白かったと思う。ただガブリエルがラファエル好きだったというのは意外。これは後付け? ミカエルが禁を犯してたのも意外だったけど。同性愛より近親相姦の方が罪は軽いのか?

話の設定からすれば当たり前だけど、この話はみんな髪の毛白いね。やけにページが明るいと思った。

一番の批判どころ。完結版アーシアンは、表紙イラストが最悪です。デッサンもなにもあったもんじゃない。ちはやはどうみても♀だし。同じ今のイラストなら内側のピンナップの絵の方がまだいいなぁ。別巻はピンナップもイマイチだけど。一気にカラー何枚もしあげなくちゃならなくて大変なのは分かるけど、も少し力入れて丁寧に描いて欲しかった。

あと、どうせ高いんなら1冊2,000円でも2,500円でもいいから、元がカラーのページは全部カラーにして欲しい。せっかくの完結版なのにもったいなすぎる。矢沢あいのマンガの新装版なんかはたしかカラーページ全部カラーなのにね。特に3巻(今回の)なんか綺麗なカラーページ多いだろうからカラーにしたら更に栄えただろうに。っていうか、コレに限らずカラーページはコミックスでもカラーにして欲しい。そういうことすると雑誌買う人減るからダメなのかなぁ。

装丁自体はキレイ。高得点。カバーの紙質とかもすごいいい。テキストの入れ方もいいし、イラストの入れ方もいい(イラスト自体の質がどうかは別として)。いつもマンガの帯って捨てちゃうんだけど、これはとっておきたくなります。これ以外で帯とってあるマンガって『多重人格探偵サイコ』くらい。表紙のイラストも色はキレイなんだけどなー。髪の毛のグラデとか。

サイズはもっと一般的な形が良かったかな? せっかく帯もとっておくんだしと透明カバーかけようかと思ったら、ちょうどいいサイズがない。B6が一番近いんだけどあとちょっとのところで入らないし…。

しかし、こう "保存版!" って感じだとどうも丁寧に扱っちゃって、ガシガシ読み倒せません。読んでても、背が割れないかとか開き癖が付かないかとか気を遣ってしまう。そのうち古本屋かなんかで読む用のが手に入ればいいのだが。今はおそるおそる読んでます。

ってことで、愛する高河ゆんの愛する『アーシアン』はやっと決着が着きました。『恋愛』終わらせて、『アーシアン』終わらせて、次は…、やっぱり『源氏』? でも、完結させるのを焦って話をはしょらないでね。気長に待ってるんで。それよりなにより、ひとまずは『LOVELESS』だし。12月には2巻発売です。立夏萌え。それに『天使庁』もね。

『アーシアン』完結版 -1

→ amazon.co.jp

アーシアン完結.... キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

ってことで、はい、きました。<em>タグ使っちゃうくらいきました。キタ━━!!使っちゃうくらいきました。アーシアン完結版の最終巻+別巻発売です。いやっほぅ。

高河 ゆんは、どんな素晴らしいマンガに出会おうとも私の漫画ヒエラルキーの頂点にいる存在なのです。別に高河ゆんより面白いマンガなんていくらでもあるんだけど、彼女はもうちょっと別格。その高河ゆんの、一番の代表作にして初の長編作品『アーシアン』、雑誌では完結に漕ぎつけたものの、コミックスが発売されずに、8年近く放置されていた作品です。待ってましただよ。とても好きな話だったからね、『アーシアン』。この日をどれだけ待ち続けたことか。

さて、何から書こう。ひとまず、『アーシアン』全体のことを書いてたら際限がないので、今日発売した3巻と別巻、しかも今まで収録されてなかった部分をメインに書きます。

ちはやが脱獄したら影艶は釈放ってのはなんか釈然としない。そんな簡単なモンなのか? 「陪審員も影艶には同情的だった」って、なんで陪審員は影艶に同情的なの? むしろ影艶はヤったの認めてたのに。ちはやは否定してたから、ちはやに陪審員が同情するならまだわけるけど。やっぱりちはやが黒いからか?

好きなシーンは、"神様が見てる〜裁判" はもちろんのこと、ミカエルのてシーンが好きです。P304,305の辺り。ミカエルやさしい。やわらかくて良いです。

一番は何が無くとも裁判シーン。ゆん漫画のキャラの、こういう情熱的なところは好きです。裁判の頃のゆん画は上手いなぁ。この頃の絵はホント好きだよ。

影艶との再開シーンははやりそれなりに。ただ影艶がちはやの元に行くのが簡単すぎた感。 こんな簡単なら、なんでもっと早く行かなかったんだろう。地球に近づかなきゃだめってことか?

最終話付近の多紀の絵が克己に見えてしょうがない。そして多紀が最後結局生きて(?)てちょっとガッカリ。こういう「死んだかと思ったけど、最後は結局全員助かりました。めでたしめでたし」みたい展開って嫌いなのです。

高河ゆんは話を終えるのがあまり上手くない。いろんな人がいってるけど、これは私もそう思う。最初から中盤にかけての話の引き込み方はすごい上手いのに、最後がイマイチ。色々張ってた伏線が全部収集しきれてなかったり。「Pの書」とか結局なんなんだよ。「アーシアン」はそこそこかなぁ。 宇宙戦争っぽいところがよく分からない。

いいかげん長くなりそうなので、残りは明日。

テキストブラウザ

テキストブラウザ始めました。Operaに続いて今度はテキストブラウザも入れてみた、"WannaBe" っていうヤツ。テキストブラウザといえばw3mとかLynx辺りを思い浮かべるけど、Mac用テキストブラウザって聞いたこと無かったんで真面目に探したことがなかった。

WannaBeのサイトは、やっぱりテキストブラウザ風というか全く持って飾りっ気がありません。構造を示すだけで後は極力シンプルに。が、pタグがウワサの "オシリにp"。ホントに使ってる人初めて見た。しかも英語サイトだし。 "オシリにp" は世界共通か? 他はhn使ったりリスト使ったりstrong使ったり、ちゃんと意味づけっぽい感じもあるのに。変なの。なまじ構造がわかりやすいだけに、綺麗に書き直したくなる。

WannaBe自体は、使ってみると予想以上に使いやすいです。ただ、BBSなんかに書き込みはできない。この辺りはw3mやLynxはちゃんとできるみたいなんでWannaBeも対応して欲しい。読むだけならできるんだけどね。link要素も対応してないし。あとレイアウトもちょっと甘いかなぁ? やっぱりテキストブラウザはテキストブラウザなりに、ブロック要素の前後は必ず行間空けるとか入れ子のリストはインデントするとかあると思うのよ。あと、テーブルのセルの間は1マスでいいから空けて欲しい。読めたもんじゃないです。テーブルレイアウトはともかく、ちゃんと表としてtable使ってても詰まりすぎてて読めない。

JavaScriptも無効だろうから、SSIで解析してるところはともかくJavaScriptでCGI呼び出してアクセス解析してるところはひっかかんないんだろうなぁ。便利なようなつまらないような。

フレーム使ってないテキスト中心サイトなら十分なんじゃないかな? フレーム使っててもそれなりのナビゲーションがあったりして見やすいところは見やすい。やみくもに<noframes>に「このページを表示するには、フレームを表示できるブラウザが必要です。」じゃだめだと思ったよ。noframesならnoframesでそれなりのナビゲートをしてあげなきゃ。あと画像にalt振ってないところは最悪ね。特に飾りならともかくテキストと画像にしてるようなヤツ。
ま、テキストブラウザでこのサイト見る人なんていないと思うけど。ちなみにNetscape 6.x/7.xで見てくれる人もほとんどゼロと言っていい程いないんだよねぇ。見て欲しいのに。

スクウェア・エニックス

本日、日本の、いや世界のゲームオタビックリのニュースが。スクウェアとエニックスが合併です。……おいおい。

で、「どうよ?」っつー話ですよ。ドラクエ作ってる会社とFF作ってる会社が合併するんですよ。あり得ないって。"ブリザラ・ヒャダルコ" かっつー話ですよ。"フェニックスの尾・世界樹の葉" とか。FFとDQ比べたら私は断然FF派だし会社としてもスクウェアの方が好きだけど、良きライバルとしてDQがあってこそですよ。やはりDQとFFはお互い意識せざるを得ないライバル関係でいて欲しい。開発メンバー分けたってダメです。そんなぬるま湯。

両社よっぽど経営難ならともかく、ゲーム業界での発言力を強めるためとか発売日をずらして棲み分けを図るためとか、つまんない理由で気軽に合併しないでほしい。

ひとまずは『キングダム ハーツ』のやりたい。

Opera 6.0

前一度OSXの方に入れたはずなんだけどいつの間にか消えてしまって。入れ直して見ました。なんでいなくなったんだろう?シェアウェア代払わないとダメなのかなぁ? メインMacもOSXになったら、OperaもFetchも払いたいんだけどねぇ。そもそもはOpera7.0日本語版が出たらしいってことでサイトに行ったんだけど、Mac版はまだだったのね…。英語のならOpera 6 for MacがあったんでそっちDLしときました。これもまだβみたいだけど。

改めて使って、個人的にはこのブラウザ大好き。面白い。特にクリック一つでスタイルシートのon/offができる辺り。自分のサイトチェックするのにも良いし、人のサイト覗くのも楽しい。付けたり切ったりして遊んでます。まぁ殆どのサイトはCSS切っても変わんないけど。がらっと変わるところ見つけると嬉しくなる。あと拡大/縮小すると画像も一緒に拡大/縮小されるのが笑える。webデザインを考えるとむしろこれが正しいのかもね。でもこれフォントサイズだけ変えたいときはどうするんだろう? 設定はまだあんましいじってないけど(英語読むの疲れるし)これから使い込みたい。

インターフェイスもかわいい。最近はChimeraもOperaもデフォルトインターフェイス可愛いし、Mozilla系はもちろんiCabとかもskinでインターフェイスデザイン変えられるから、IEのボタンとか価値なくなっちゃったねぇ。IE 5.0(for Mac)が出た当初はあのデザインが画期的で可愛かったのに。IE 5.0 Mac版は互換モードと標準モードのスイッチができる初めてのブラウザだったりとか当時にしては最先端なこともいっぱいあったのになぁ…。

んでさー、Operaのオフィシャルサイトってデザインかわいいんよ。ブラウザのオフィシャルサイトってIEとかNetscapeは業務的だし、iCabなんかは手弁当チックで、Operaってわりとストイック(?)なイメージあるからオフィシャルサイトももっとMozillaみたいにガチガチなんだと思ってた。画像が可愛いんだよねぇ。白を基調として色を絞りつつも軟らかすぎず堅すぎず。

Opera 7.0がCSS2いけてるなら(特にpositionプロパティ)今度からOpera7.0も考慮に入れてこのサイト作りたいなぁ。本命はChimeraだけど、OperaはOperaで好きなんよね。Mac版Opera7.0(できれば日本語)のリリースを首を長くして待ってます。

アリスのティーパーティー

北陸製菓から発売の海洋堂アリスフィギュア第2弾。第1弾はフルタから出たのに第2弾は北陸製菓です。フルタと海洋堂の間に何があったのか? チョコエッグも引っ越したしね。

で、何が恐いってコンプするまでに買った箱の数が10個よ。9種類あるのに。ダブり1回。絶対運つかっちゃってる。ちらりと確立計算してみたんだけど、10箱でコンプする確立は
 9!x9x8/9^10 = 0.007493...
百分率にして0.75%、つまり1%切ってるのよ(式があってたらね/笑)。133人に1人の強運。しかも、コンプした日にふと違う目的でフィギュア屋覗いたら、シークレットの「消えるチェシャ猫」が980円で売ってて、ノーマル揃えるの安く上がったし、これも何かの記念だと思って買っちゃったよ。これで正真正銘コンプ。ノーマルだけでも自力で全部集めたのは久しぶりだよ。かなり幸せ。

第2弾で一番可愛いのは薔薇の花を塗るトランプ。コレが一番。フルタも同じ構図出してたけど全然ね。あとサンドイッチ持ってきたウサギとかも可愛いなぁ。アリスには何故かあんましときめかない。いいとは思うんだけどね。動物とかの方がいい。まぁ基本的に海洋堂さんのアリスフィギュアは全てよくできていて良いです。

今回、食玩のオマケ(食玩がオマケ?)のくせにクッキーが美味しい。さっさと揃っちゃって嬉しいけど、あのクッキーがもう食べられないかと思うと残念だ。前回の紅茶アメは本当にどうでもいいオマケだったのに。

しかし、海洋堂アリスはチェシャ猫が好きだなぁ。第1弾発売前にPARCOで売った限定版3色チェシャ猫も合わせたら計6パターンだよ。アリスにはるね。いくら主要キャラとはいえウサギより多いのはどうかと…。開発にチェシャ猫好きが紛れ込んでたのか? 私はチェシャ猫どうでもいいんだけど…。

第3弾は出るのでしょうか? さすがにキャラクターは出尽くしてしまったかな? しかし、フルタの第2弾を思えば(笑)まだ作れる気がする。期待しないで待っていよう。