ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

XHTML 1.0 Transitional

XHTML 1.0 Transitionalで書いてみました、このページ。(注:2002年9月時の話なので現在は違います)まぁ、閲覧する分には何も変わらないと思います。いや、嘘だ。MacでIE4.x使ってる人いたら大変なことになります。相変わらずMacユーザに優しくないサイトだな。作ってる人は腐れマカなのに…。もしMacIE4.x使ってる人がいたら、直ちにMozilla1.0に変えた方がいいと思います。

それにしてもXHTML1.0と1.1がこんなに違うものだとは知らなかった。使えるのか、target。私も無知だな。今まで見たことのあるサイトの殆どは「HTML 4.01 Transitional → HTML 4.01 Strict → XHTML 1.0 Strict」の順でヴァージョンアップすることを薦めてたからなぁ。実際にはそっちの方がいいのかもしれないけど、ウチのサイト、見てのとおりフレームなもんで。しかもパンくずリスト(ページ内一番右上にあるリンク)のおかげで全部のページにtargetが入ってる。この状態でよりXHTMLに近づけるにはフレーム廃止するまで待つよりXHTML1.0 Transitionalに変えちゃった方が早いよね。まぁ、XHTML 1.0 Transitionalってあんましメリットがないから薦めてないんだろうけど。StrictじゃないしHTML 4.x↓でいいじゃん、と。別にStrictでもないのにXHTMLに移行してもあんましメリットないんだよねぇ。デメリットはあるけど。

で、今までHTML 4.01 TransitionalだったのがXHTML 1.0 Transitionalになったんだけど、ためしにHTML-lintで採点かけたら、100点でした。しかもエラーなしの「たいへんよくできました」。さすがにこれは初めてだ。HTML 4.01だとTransitionalでもtarget使ったら減点くらうにの。別に100点とるのが目的じゃないからいいんだけど、どうなんだろう?これは。

実はStrictだとかアクセシビリティ系の話を書くのはすげードキドキします。だって本当はちゃんと知らないんだもん。極めてません。間違ってるかもしれません。アルサイトでちみちみやってるくらいならいいんだけど、検索とかで詳しい人に引っかかったら恐いなぁ。不思議マークアップのところもあると思うし、DIV厨とまではいかなくても、divだらけなとこあるし。

ちょっと話はずれるけど、HTML繋がりと言うことでLINK要素。「prev」と「next」は分かるのよ。「made」なんかももちろん良いとして、「contents」とか「index」とか「start」とか、なにがなんだかです。章?節?何の始め?なんの目次?? indexとstartはまだ分かった気がしたので使ってみました。こういう使い方でいいんですよね?(聞くなよ) アンカー要素にrelが付けられるってのも初めて知って、早速つけてみたんですけど…。これらのlink要素系は現在つかうと言うより、将来フレーム廃止したときに全部付け直さなくてもいいようにしてるだけなんだけどね。実際はwww.wolfrosch.com/index.htmlのフレームセットに書いてあるlinkしか受け取ってくれないだろうから。

フレーム廃止って、CSSのpositionのUA対応がしっかり統一されてくれることと、制作者側の環境の問題としてはSSIかオーサリングツールのテンプレート(もしくはJavaScriptによる挿入)が使えないと、やってらんないっすよね。それにどっかのサイトで全てのページにSSIを使うのはサーバに負荷がかかるので良くないみたいなのを読んだ気がするんだけど、本当なのかなぁ?これが恐くてSSIは今menu.shtmlにしか使ってない。

ひとまず今後、ぼちぼちとHTML 4.01からXHTML1.0 Transitionalに移行してきます。LINK要素を充実させつつ。実はアルマンガを全部XHTML 1.0で書き換えてみた。まだ上げてないけど。それより日々着々と増えていくTEXTの方を早いウチになんとかしたい。

しかし、実際問題フレーム廃止がより良いナビゲートにつながるのだろうか? ていうかこのサイトはXHTML化して何がしたいんだ。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。